パックリ開いた毛穴は正しくケアすると閉じてくれる

引き締めと角栓除去の両立

毛穴ケアでは、角栓を取り除いて肌を引き締める2つのケアが欠かせません。角栓の構造を理解した洗顔の後に、肌を引き締める成分を配合した化粧水を使用したり、毛穴を引き締めるケア方法を活用したりすると理想的な効果が得られます。

たるみの原因を探る

毛穴ケアはとても大事です。開きっぱなしでは化粧のノリが悪くなり、老けて見えてしまうこともあるからです。肌のたるみにも繋がってしまうので、化粧品で改善しましょう。特に化粧水が重要となってきます。自身に合うものを見つけましょう。

開きとたるみの違い

レディ

原因が違う

悩んでいる女性が多いのが毛穴トラブルです。毛穴のトラブルには、開きや黒ずみ、たるみなどがあります。毛穴トラブルを抱えているなら、トラブルによってスキンケアを変えることが大切です。同じだと勘違いしている人が多いのが、開きとたるみです。毛穴の開きとたるみは違います。開きとはその名前のとおり、毛穴が開いている状態です。毛穴が開くのは、主に過剰な皮脂分泌が原因です。そのため、皮脂を抑えるスキンケアをすることが引き締めるポイントです。また、洗顔のあとは収れん作用がある化粧水でスキンケアをしたり、氷を使ったマッサージで組織を引き締めるのもお勧めです。開きとはちょっと違うのが、たるみです。毛穴のたるみは若い人には出来ないので、老化現象の1つです。年をとると代謝が悪くなり、コラーゲンが破壊され、肌にハリがなくなります。コラーゲンは毛穴一つ一つを引き締めている細胞です。これが老化で破壊されることが、毛穴のたるみの原因です。鏡をよく見て頬のあたりの毛穴がしずく型になっていたら、それはコラーゲンの生成不足によるたるみです。たるみを改善するには、コラーゲンを生み出すビタミンC誘導体化粧水を使ったスキンケアがオススメです。ビタミンC誘導体には、コラーゲンの生成を促進してたるみを引き締め、リフトアップする効果があります。もちろんフェイス全体のたるみにも効果があります。ただし即効性は無いので、長く使い続けることが大切です。

化粧品の上手な選び方

毛穴ケアを行うときには、ビタミンC誘導体やアセチルコリンなどが含まれる化粧品を選ぶようにしましょう。また、こうした成分の効果を高めるには、洗顔後などに肌が乾燥してしまう時間をできるだけ少なくするために、早目に化粧品を使用するようにするべきです。